甲子園に吹き荒れるのは六甲おろしか金本おろしか。めっちゃうまいや~ん(*´・∀・`)

4月 7, 2010

阪神は自慢の打線が沈黙して中日に3連敗。2年目右腕の伊藤にプロ初勝利を献上した。真弓監督は「この3連戦は悪いところばかりが出た」と攻守のミスをボヤいたが、3タテくらった原因は4番金本(打率.156、1本、5打点)の不振も大きい。すでにスポーツ紙で報じられているように、金本は古傷の右肩を痛めている。右肩の腱板部分断裂の重傷だという。攻守にわたって右肩をかばいながらのプレーで全力が出せない。それでも本塁打を含む、2安打3打点を挙げた3月31日の広島戦のように戦力になれば問題ないが、この3連戦は11打数1安打、打点なしとサッパリだった。守備ではまともに返球もできない状態だ。普通の4番打者なら、プレーに影響するほどの故障をすればベンチに下げられる。少なくとも接戦になった終盤は守備固めと交代するものだが、金本の場合は連続フルイニング記録(1482試合)を更新中。簡単にスタメンから外したり、途中交代できない事情がある。しかも金本は阪神ナインの精神的支柱といわれている。真弓監督も「金本はずし」を決断するには相当な覚悟がいるのだろう。
阪神にはかなり貢献してきた選手ですがね。。
金本選手ケガが良くなればいいけど・・・